≪通販布団NEWS≫

ご訪問ありがとうございます。安眠宅配員の池本です。ただ今、期間限定で送料無料の安眠ふとんキャンペーンを行っております!また、当商品は安心の3年保証です。

快眠を手助けする寝具関連用品


激安の通販サイト
和室用の通販蒲団
通販で買える安眠グッズ
日本全国へ無料宅配
格安サイトの無料情報提供
寝具の天敵対策

布団アドバイザーによる有料メール相談はこちら


日本全国へ無料配送!

北海道、青森、秋田、岩手、山形、宮城、福島、新潟、富山、石川、福井、長野、山梨、群馬、栃木、茨城、千葉、埼玉、東京、神奈川、静岡、愛知、岐阜、三重、滋賀、奈良、和歌山、京都、兵庫、大阪、鳥取、岡山、島根、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知、福岡、佐賀、長崎、大分、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄


ふとんの知識は商品をお選びの際に役立ちます!

知っておきたい布団のマメ知識

ふとんの種類

布団の種類には、綿・羊毛・羽根布団などがあります。


昔は、綿の布団というのが普通でした。

毛布を掛けても寒い冬の夜には、この綿の布団を何枚も重ねて寝ていたものです。

小さいころに、寒がりだった私は、2枚の布団を掛けて寝ていたときもありました。


しかし、この綿の布団は、小さい頃はとても重たいというイメージで、

重ねて掛けられると嫌だなと思ったものです。

夜中に、重くて目が覚めるなんてこともありました。


更に、布団が温まるまでに時間が掛かり、

足元には湯たんぽなどをおいて温めておいてもらったものです。

その後に、羊毛の布団を買ってもらったときには、軽さと温かさに驚きました。

湯たんぽも要らずに、快適な布団と思ったものです。


しかし、更に羽根布団が出たときには、

羊毛とは違った軽さと温かさに高級感を感じたものです。

今でもあのリッチな気分になった感覚は覚えています。


現在では、どこに旅行に行っても羽根布団なので助かりますね。

逆に、綿の布団を探す方が難しいかもしれませんよ。


布団の種類は、様々だったものが今では羽根布団が主流になり、価格もリーズナブルです。

自分が大きくなると同時に布団の種類もどんどん変わっていき、

今では軽い安い布団が発売されています。


綿の布団の重たさや、冷たさなどを思い出すことも少なくなってしまいました。

おばあちゃんの家にお泊りの際にも、寝付けないでいたのも、

綿の布団で重たかったからなのでしょうね。

布団が重くないと寝むれないという話は聞いたことがありません。

やっぱり、皆さんも同じように布団の重さなどを気にしていたのだと改めて実感します。


また、寒いだろうと親に買ってもらった寝袋のような形をしたものなどもありました。

その頃の流行のキャラクターにひかれて、楽しく寝袋のようなものに入って寝ていましたが、

これも寝ている間に身動きが出来ずに夜中に起きてしまうこともしばしば。

寝相が悪い子供用に販売されていたようですが、

今ではそのような布団を見かけることもなくなりました。

そう考えると、今、自分が何気なく使用している布団の進歩に驚きます。


薄手の羽根布団を1枚掛けているだけでとても温かく、寝相が少々悪くても大丈夫なのです。



羽根布団の中身
スモールフェザー100%の羽根ふとん!

通販布団がお勧めする「ふとんセット」は、スモールフェザー100%です。羽根の軸が無いものがダウンと言います。羽根布団と羽毛布団の違いは、この二つの割合が多いか少ないかということになります。

一般的には羽毛布団が高価とされていますが、羽根布団が劣っているというわけでもありません。羽根布団でも十分温かく、ふんわりしています。布団の機能としては、十分なものがありますし、何より安いのが魅力的ですね。高いものが好きだったり、もっとふんわり感を求めるのであれば、羽毛布団という風に、それぞれ使い分けるのがベストではないでしょうか。