≪通販布団NEWS≫

ご訪問ありがとうございます。安眠宅配員の池本です。ただ今、期間限定で送料無料の安眠ふとんキャンペーンを行っております!また、当商品は安心の3年保証です。

快眠を手助けする寝具関連用品


激安の通販サイト
和室用の通販蒲団
通販で買える安眠グッズ
日本全国へ無料宅配
格安サイトの無料情報提供
寝具の天敵対策

布団アドバイザーによる有料メール相談はこちら


日本全国へ無料配送!

北海道、青森、秋田、岩手、山形、宮城、福島、新潟、富山、石川、福井、長野、山梨、群馬、栃木、茨城、千葉、埼玉、東京、神奈川、静岡、愛知、岐阜、三重、滋賀、奈良、和歌山、京都、兵庫、大阪、鳥取、岡山、島根、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知、福岡、佐賀、長崎、大分、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄


ふとんの知識は商品をお選びの際に役立ちます!

知っておきたい布団のマメ知識

【日本での歴史】


羽根ふとんの歴史

羽根布団の歴史をご存知ですか?羽根布団の日本での歴史を知ると、技術の進歩に驚かされることもあるかと思います。

羽根布団の歴史に関しては、日本での歴史はまだ浅いものです。

具体的に挙げると、羽根布団を使用するようになったのは、明治・大正時代からで、

更に、上流階級の限られた人や、流行に敏感な人が好んで使用をし始めたようです。


その当時の羽根布団というものは、とても高級なもので、

一般の庶民が使用するようなものではありませんでした。

たった一枚の羽根布団でさえも、高級品だったと言えるでしょう。


羽根も海外からの輸入に頼っており、日本で実際に作られるようになったのは、

昭和に入ってからになります。

昭和に入っても、それなりに普及したのは、昭和の40年代になってからです。


平成になってから、昭和と聞くととても古く感じてしまいますが、

大体、40年ほどしか経っていないのです。

今でも、羽根布団は高級なイメージであり、機能的にも優れています。


日本で、羽根布団が作られるようになったのも、昭和40年全般頃からですから、

布団としての歴史はまだ浅い商品になっています。

今では、普通に使用されている羽根布団の普及が遅かったのは、

経済的な問題などもあったのでしょう。


羽根布団は、贅沢品というイメージは今でも存在します。

それだけに、綿布団から羽根布団へ買い換えようとすることが少なかったのでしょう。


ホテルや旅館などでも、積極的に取り入れられ、

一時期は布団が売りでのホテルや旅館のパックがあったほどです。

旅行先で、高級な布団で休めるということは、特別なことだったのです。


今では、羽根布団が当たり前になっています。

布団の進化は、とても目まぐるしく変化してきたとも言えます。


綿を交換する技術から、

羽毛を傷めないような処理の方法を移行していくことは、

専門の業者さんでも大変なことだったでしょう。


また、今も進化を続けている羽根布団には、

これからどの様な変化をしてくのかが楽しみです。

布団の歴史と共に大きくなってきた世代には、当たり前のことになっていますが、

少し目線を変えると布団の技術に驚かされます。