≪通販布団NEWS≫

ご訪問ありがとうございます。安眠宅配員の池本です。ただ今、期間限定で送料無料の安眠ふとんキャンペーンを行っております!また、当商品は安心の3年保証です。

快眠を手助けする寝具関連用品


激安の通販サイト
和室用の通販蒲団
通販で買える安眠グッズ
日本全国へ無料宅配
格安サイトの無料情報提供
寝具の天敵対策

布団アドバイザーによる有料メール相談はこちら


日本全国へ無料配送!

北海道、青森、秋田、岩手、山形、宮城、福島、新潟、富山、石川、福井、長野、山梨、群馬、栃木、茨城、千葉、埼玉、東京、神奈川、静岡、愛知、岐阜、三重、滋賀、奈良、和歌山、京都、兵庫、大阪、鳥取、岡山、島根、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知、福岡、佐賀、長崎、大分、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄


ふとんの知識は商品をお選びの際に役立ちます!

知っておきたい布団のマメ知識

【ふとんの扱い方】


布団の扱い方

ふとんを長持ちさせて使うためには、ふとんの扱い方のポイントを押さえておくことが大切です。羽根布団ならではの注意点もありますので、干し方の基本を覚えておいてくださいね。

羽根布団の扱い方は、基本では干すと言うことが一番です。

昔は、羽根布団は干さなくても良いなどと言われたことがありますが、

衛生的なことを考えると、干さない訳にいきません。


湿気が多くなることが、布団にとっては大きなダメージになります。

ですので、出来れば小まめに干すというこが必要だと言えるでしょう。


干す時間にも注意しなければなりません。

1日のどの時間に干すとても効果的なのかというと、

午前10時から午後2時くらいまででしょう。

これ以上、外に干しておくと逆に湿気を吸ってしまう場合があります。


長時間干さなければならないというわけではないので、

取り扱いに関しては簡単なものになるでしょう。


干す場合の日数としては、だいたい10日ごとくらいを目安に干すようにしましょう。

そして、陰干しをするようにしましょう。


日差しがあまりにも強い場所に干すと、布団が日焼けしてしまいます。

どうしても、日陰には干せないような場合には、

布団カバーなどをすると痛みが少なくて済みます。


この時に、注意したいのが日の当る場所では乾燥のさせすぎをさせないようにします。

なぜなら、あまりにも強い日差しに、羽が痛んでしまうからです。

どのような形で布団を使用しているかにも扱い方が変わってきますが、

ベットなどで使用している場合には、長時間、布団を干す必要はありません。


畳の上で、布団を使用している場合には、ダニの問題もあるので、

表と裏とで1時間くらいを元に裏返すようにしましょう。

布団を維持する場合には、ダニなどの問題が必要なのです。


布団をそのままにして使用している場合、ひきっ放しなどの方は注意が必要です。

ダニは、人間のフケヤゴミなどを好むので、

自分から、ダニが大好きな環境を作らないようにしましょう。


このような事は、以外と知られていません。

新しい布団だから、ダニはいないだろうと考えるのは間違いです。

確かにそれなりの処理をしてからの布団の販売にはなっていますが、

各家庭での環境が変われば、扱い方も変わってくるのです。